売却金額を考える

コールセンターの女子

長く続いた不況の影響で、マイホームを維持できなくなる人が増えています。
住宅ローンの返済に苦しみ、自宅を差し押さえられたり、競売にかけられたりすることは、できれば防ぎたいものです。
しかし、住宅ローンを数ヶ月滞納すると、銀行から頻繁に催促の電話が来るようになります。
また、競売にかけられる不安も出てくるので、早く、専門家に相談をする必要があります。
数年ローンを払い続けてきたのに、競売にかけられたりしたら、二束三文の値段で売却しまいます。
そうなると、後には多額の借金が残ってしまいます。
そこで、やむを得ない理由で、自宅を売却する人のために、任意売却の制度があります。
任意売却とは、ローンの残債があっても、市場に物件を出して売却する方法です。
競売にかけるより、高値で売れるので、後の残債が減ります。

住宅ローンの返済に困ったら、早いうちに全国にある専門サービスセンター等に問い合わせをしましょう。
司法書士や行政書士、税務士等が相談にのってくれます。
当事者に代わって、債権者と話し合い、任意売却の同意を取り付けてくれます。
さらに、差し押さえや競売の取り下げもします。
大手不動産会社と提携もしていますから実際の売買はを任せます。
買い手が決まれば、債権者や銀行を含めた話し合いがなされます。
ここで注意することは、ローンの残債が残った場合は、月々1万からでも払い続けることになります。
決して債権が無くなったわけではありません。
しかし、売り主の経済的な困窮を考えて、引っ越し費用や引っ越し先の斡旋等もしてくれますから、当面の生活はできると思います。
不動産会社等でも、任意売却の手続き等は請け負ってくれますが、大金を保証するなどの甘い言葉を信用すると、トラブルを招くこともありますから注意が必要です。