他の業者

パソコンと女子

税と社会保障の一体改革の一環として、平成27年から相続税制が改正されました。
相続税の基礎控除額が改正前と比べて6割に削減されるなど、非常に大きな制度の変更となりました。
具体的な金額で言うと、これまでは基礎控除額が5千万円で、さらに相続人一人当たり1千万円が控除されていました。
これが、基礎控除額が3千万円になり、相続人一人当たりの控除額も6百万円に引き下げられました。
これまでは、相続税はごく一部の金持ちだけが払うものという認識が一般的でしたが、この改正により課税対象となる世帯が大幅に増えることが見込まれています。
特に、地価の高い首都圏や都心部などに不動産を持っている世帯は、早めに相続対策を意識しておくことが重要になります。

相続税の計算の基礎となる相続財産の評価額を減らすためには、いくつかの合法的な節税方法があるといわれています。
その代表的な例として、賃貸アパート経営などが紹介されることもあります。
これらの対策を有効に行うためには、税理士などの法律の専門家のアドバイスを受けることが重要になります。
自分独自の判断で勝手な対応をしてしまうと、見込んだ節税効果が得られない恐れもあります。
また、不動産の処分や相続対策の各種手続きは、時間がかかることが一般的です。
信頼できる専門家と相談しながら、自分たちの家族の実情に応じた対策を考えることが大切です。
残された家族が争うことのないように、早い段階で家族で相続について話し合っておくことが重要になります。